• 花屋を開業し、成功するにはどうすればいいか?
  • 街にある花屋のことしか知らないが、花屋の業界はどうなっているのか?
  • すでに花屋はたくさんあるが、今から開業してもやっていけるのか?

創業45年、引き継いで15年の現役生花店経営者が、実践を通して知り得た花屋で成功する方法を教えます。

花屋になるにはどうしたらいいの?

誰もが立ち止まる最初のハードル。
花屋は、もともと実家が花屋さんだったからそのまま・・・というパターンが圧倒的に多い職業です。
昔々は「折れて曲がる」商売などといわれ、少々怖い系の方々がされていました。
特殊な世界には特殊なしきたりがあり、業界はそのしきたりから外れることをとても嫌っていたのでしょう。
だから・・・
見知らぬ人間が一歩足を踏み入れたら視線は一気に集まり、肩身の狭い思いをした人も多いのではないでしょうか。

その証拠に、お花屋さんに「花屋さんって素敵な仕事ですねぇ〜」なんて言ってみれば返ってくる言葉は夢のない言葉ばかり。
「見た目は綺麗だけど、中身は汚いしんどい仕事」などと防御します。
言葉は親身になってくれているようですが、「入ってくるな!」感丸出しの言葉です。

昔は女の子なら誰しも一度は憧れた職業だったにもかかわらず、最近ではすっかりなりを潜めています。
それはスーパーやコンビニに乱雑に置かれるようになって華やかな幻想が崩れ去ったからでしょうが、その以前から花屋業界では「鎖国」を行っていたことがきっかけで破滅への道を辿り始めています。

破滅?
どうして街に溢れる華やかな花屋さんが破滅への道を辿っているのでしょうか。
答えは簡単です。

花屋になる方法を誰も知らないからであり、
そして花屋さんはそれを教えてあげないからです。

手っ取り早い方法として、「アレンジ教室に通って免許を取ってから花屋を開業!」
なんて簡単に思われている人も少なくないでしょうが、この方法はハッキリ言って通用しません。
いつもいつもアレンジに使うような花を買いに来る人が溢れているわけではありません。
ましてや毎日花束やアレンジの注文が入るわけでもなく、お店でお客さんが来るのをじっと待っているだけでは成功できません。
それではどうすれば花屋になれるのでしょうか?
先ほども書きましたが、「花屋になる方法」がわからない、そして「なる方法」を教えてくれる人がいないのです。


そして開業してからどうすれば成功への道を歩めるのでしょうか?
これが大事なのです。

このマニュアルは、花屋になる方法と、花屋で成功を収める近道をそっとお教え致しましょうという内容です。

あなたはこんなことに悩んでいませんか?

  • スクールで学んだが、自信がない
  • 早くお店をもちがいが方法がわからない
  • 経験がないから開業は無理だと思う。
  • 仕入れってどうするの?
  • 値段ってどうつけるの?
  • 何を覚えたらいいの
  • 資格をとるか花屋で働くか迷っている。
  • 効率的な集客方法ってないの?
  • お客さんと何を話せばいいの?
  • 流行をチェックする必要ってあるの?
  • アレンジ教室も開きたいんだけど、自信が無い・
  • 人を雇いたいけど人件費が・・・
  • ディスプレイってどうすればいいの?
  • 仕入れのコツってありますか?

あなたが悩んでいること、不安なことをチェックしてみてください。いくつチェックがつきましたか?

3つ以上チェックのついた方、きっとこのマニュアルはお役に立てるでしょう。

このマニュアルはこんな方向向けです。

これからお店を開きたい方
  • スクールを卒業したが、どうすればいいかわからない
  • 花屋で働いているが独立したい
  • 脱サラして花屋をしたいが自信が無い
  • 花屋業界に参入する前に現役経営者の本音を知りたい。
  • スクールに通わずにお店を開きたい
  • 最低限の費用で花屋を開いて成功したい
  • 最短距離で花屋を成功させたい
店はあるが悩んでいる方
  • お店はあるが利益が出ない
  • 開業したが長時間労働から抜け出せない
  • 仕入れのテクニックを知りたい
  • 花屋をやめようか迷っている
  • お客さんと何をはなしたらいいかわからない
  • お店を拡大する方法を知りたい
  • 花屋を経営しているが行き詰っている
  • 人件費で悩んでいる
  • 効率的な集客方法について知りたい

上記にひとつでもチェックが入った方ならきっと満足していただけることでしょう。

花屋が教える 花屋の真実と成功への抜け道 申込フォームはこちら

なぜこのマニュアルを書こうと思ったのか?

ではなぜ、店舗の運営もうまくいっている私がこのマニュアルをあなたのために書こうと思ったか不思議ではありませんか?

申し遅れました。
私、大阪で「flower shop sakaguchi(フラワーショップサカグチ)」という花屋を営む阪口と申します。

日々花に携わり、花屋が天職だと感じ、充実した毎日を送っています。
お客様の喜んでいる顔を見る瞬間が大好きで、一生この仕事を続けたいと思っています。

私はこれまで15年間、花屋経営者として生花業界で様々な経験をしてきました。
そうした中、OLの方やサラリーマンの方、花屋のスタッフまで、たくさんの花屋開業志望者ともお逢いしてきました。私が運営する花師塾で花屋としての知識を習得し、実際に開業して成功している教え子もいます。
幸い私は家業が生花店だったので、一般の方よりスタートは恵まれていた方だと思います。
が、しかしです。
いざスクールを出て開業したものの勢いで開業したため失敗。
開業したはよいものの、長時間労働から抜け出せない。
スクールで大金を使ったため、お店にまわすお金がない。
OLを辞めてまで独立したのに、利益が出ないで借金が残っただけ。
といった残念な例を数多く見聞きしてきました。
「これさえ知っておけば・・・失敗しなくてすんだのに」
「一声かけてくればよかったのに」
「生花の業界はなんて閉鎖的なんだろう」
「花屋になりたい人に対して業界は不親切すぎる」
といった思いが私の中でずっとくすぶっていたのです。

そこで今回、今後のビジョン(花屋志望者に良心的な情報提供をし、成功できる花屋を増やす)を達成するために花屋になりたい人や花屋で成功したい人に向けて実践的な内容をお伝えすることにしたのです。

このマニュアルには、創業45年の2代目経営者が15年以上の生花店経営者としての経験に基づいた本音の実践的内容を書いています。
ここで内容の一部をご紹介します。

マニュアルの一部

上記以外にも、150ページ近くにわたって私が実際に実践している方法を紹介しており、
純粋に花屋で成功したい人に向けて、最短距離で無駄な時間を費やして遠回りをせず、失敗を未然に防いでもらうために書いた希少性の高い内容になっています。

貴重な情報で無駄な時間や試行錯誤した遠回りの時間を短縮できる内容なので、15年前の自分に贈ってあげたらきっと泣いて喜ぶに違いありません。

方向性さえ間違えねば花屋は素晴らしい仕事です。
不況が叫ばれる世の中で、花を愛するあなたが精神的にも経済的にも成功するための一助になればと思います。

さて、肝心のお値段ですが、正直私も悩みました。

なぜなら、私が今現在も実践し、売り上げを上げ続けている正真正銘のノウハウだからです。
同業他社から嫌がらせを受ける可能性もある内容です。(それくらいの覚悟はできていますが。)

例えば、花屋を開業するためにスクールに通うと60万円から100万円くらいが相場です。
お店を本格的に開こうと思い、数100万円から数1000万円かける方もいらっしゃいます。
(そんな大金をかけても失敗すれば、元も子もありませんが・・・。)

スクール費用の10分の1の値段である6万円から10万円くらいにしようとも思いました。
ですが、このご時世です。
すぐに「はい」と払える人が多いとは思いませんし、私も本業がうまくいっているのですからこのテキストでお金儲けをしようとは思っていません。
花屋で成功したいという人に向けて、純粋に応援したいという気持ちからお求め安い価格にしようと思います。
本気で成功したいという人にかぎり、9,800円でいかがでしょうか。

1つでも2つでも参考になるところがあれば、きっと元をすぐに取り戻せる価格です。
しかも基本的な原理原則の内容も含んでいますので、 本気で花屋として成功したい人には、喜んでいただけることを確信しています。

このマニュアルを読み、「花屋の仕事をこの目で見てもっと詳しく知りたい」、「花屋として成功する秘訣を肌で感じたい」と思っていただいた場合には、私が運営している「花師塾」で花屋の仕事を実際に経験していただくことができます。「花師塾」では、実務を通して花屋に必要な知識や技術をお教えし、開業までをトータルにサポートさせていただいており、このマニュアルをご購入いただいた方には、「花師塾」の費用を30%引きする特典をお付け致します。
(「花師塾」に入塾する際に、ご購入いただいたマニュアルの「あとがき」をプリントアウトしてお持ち下さい。「花師塾」の費用を30%引きさせていただきます。)
私は、このマニュアルや「花師塾」という形で、私自身がこれまでの経験を通して知り得た情報をオープンにすることで、あなたが花屋を軌道にのせ、成功への道を歩むサポートをしたいと思います。

花屋で成功したい人は第一歩を踏み出しませんか?
はじめるのに遅いなんてことはありません。

思い立ったが吉日です。
あなたの中の「花が好き、描いていた理想の花屋になりたい」という純粋な思いを大切にして下さい。

花屋の真実と成功への抜け道 お申し込みはこちら 15000円

追伸
私は純粋に世の中に花屋がもっと増えればいいと本気で思っています。したがって、実践的な内容になりますので本当に花屋がしたいという人以外は購入しないで下さい。近い未来に花屋になったあなたと、花を愛する者同志としてお会いできる日を楽しみにしています。

ページトップへ戻る